NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

スーパーボウル歴代ハーフタイムショー

今年の第52回スーパーボウルのハーフタイムショーは、ジャスティン・ティンバーレイクでしたね。様々な仕掛けのあるショーだったのですが、最も有名になったんのは、自撮り写真を撮影したこのシーンかもしれないです。 さて過去にスーパーボウルを彩ってくれ…

騒ぐフィラデルフィア市民の方々

スーパーボウル優勝で沸き立つフィラデルフィア市民の皆様。 凱旋式の前に大騒ぎしていた様子をチェック・イット・アウト。 もう勝手に旗掛けちゃう。 掛けちゃうね。 登るなと言われても、もうムリ 市民みんなが心ひとつに。 暴動を抑止する警官ですら、ハ…

PHIイーグルス!見事SB優勝!栄光のグリーンシャワー

イーグルスが見事に第52回のスーパーボウルを優勝しました。 優勝がきまった後の、各選手の素晴らしい笑顔を、緑の紙吹雪と共に。 ダグ・ピーダーソンHCとジェフリーオーナー WRアルション・ジェフリー TE ザック・アーツ(と、その彼女) DE ブランドン・グ…

第52回スーパーボウル!後半戦レビュー

さぁ後半戦の始まりです。細かすぎて長いのですが、ごめんなさい。 3Q 後半開始 グロンコウスキTDで7点返す 22-19 イーグルス あっという間にタッチダウンを返す 29-19 3Q WRクリス・ホーガンのTDでまた3点差に詰め寄る 29-26 イーグルスの攻撃 アグホローが…

第52回スーパーボウル!前半戦レビュー

素晴らしい試合でした。少し振り返りましょう。当然ネタバレあります。御覧ください。 まずコイントスは、ペイトリオッツの勝利からスタートしましたね。ベリチックは最初にディフェンスを取るのが定石。ディフェンスでいいフィールドポジションまで押し込ん…

いよいよあと6日!SB52!

あと、6日に迫りました。SB52。ワクワクが止まらない動画をNFLジャパンさんが作成してました! ああ、たまりませんなー。下馬評どおり、やっぱりブレイディ、やっぱりペイトリオッツなのか。イーグルスは「アンダー・ザ・ドッグ(Underdog)」(噛ませ犬…

52nd スーパーボウル NEペイトリオッツ選手一覧

王者ペイトリオッツ、という響きがこれほど似合うチームはありません。SB優勝5回、SB出場10回、地区優勝19回と、まさに「キングダム」を作り上げたチームです。2016年シーズンと、主要メンバーをそれほど変えてません。プレイをみても冷静沈着。一人ひとりが…

52nd スーパーボウル PHIイーグルス選手一覧

2004年シーズン以来、14年ぶりのスーパーボウル出場を果たしたイーグルス。奇しくも対戦相手は14年前と同じペイトリオッツ。あのときは惜しくも敗退したが、今年こそは勝利を目指す。 イーグルスは21世紀になって蘇ってきた古豪のチームです。チーム創設…

第52回スーパーボウル!出場チーム決定!!!

出場チームが決定しました! 激戦のレギュラーシーズンを戦い抜き、強敵ぞろいのプレイオフを勝ち上がり、各カンファレンスの覇者が決定です。どこを切り取っても素晴らしいゲームばかりでした!NFLに乾杯! AFCからはニューイングランド・ペイトリオッツ! …

第52回スーパーボウルの審判は「ジーン・ストレーター」さん

1963年2月8日生まれ。現在54歳です。 NFLのオフィシャルレフェリーであり、かつNCAA(全米大学体育協会)公式のバスケットボールレフェリーも務めているそうです。 この人、あの「紙ジャッジ」で有名な人ですwww レイダースとカウボーイズのね。紙挟むス…

CLEブラウンズのOC候補にベン・マカドゥーが浮上

ヒュー・ジャクソンHCがOCも兼任していたクリーブランド・ブラウンズ。彼がHCを務めている2016年シーズン、2017年シーズンを併せ、32試合31敗という体たらく。かなりやばい状況にある。 さすがにHCはOCを準備する気になったようで、その候補が3人上がってい…

バイキングスOCパット・シューマーNYジャイアンツHCに決定

NFLコーチ歴は19年目。1965年4月生まれの現在52歳。 1990(25歳)ミシガン大学でTEコーチとしてキャリアスタート 1998(33歳)スタンフォード大学でOLコーチ 1999(34歳)PHIイーグルスのOL+TEコーチとして、NFLデビュー 2002(37歳)イーグルスのQBコーチに…

NFCディビジョナルプレイオフ セインツvsバイキングス

最後のディビジョナル・プレイオフ! NFC北の覇者バイキングスが勝利しました! それにしても大逆転だらけの試合展開でした。 ゲーム前の予想では、ダントツのオフェンス力をもつセインツが優勢でないかと、言われておりました。その要素として SBを制覇した…

AFCディビジョナル・プレイオフ ジャガーズvsスティーラーズ

Look who's back #DTWD pic.twitter.com/D0PlCmT8uO — z-#Sacksonville (@Jaguars) 2018年1月14日 予想に反してものすごいいいゲームになりました。ジャクソンビルvsスティーラーズのディビジョナル・プレイオフ。 結果はジャガーズのジャイアント・キリング…

AFCディビジョナル・プレイオフ タイタンズvsペイトリオッツ

いやー、予想を超えて素晴らしい横綱相撲を見せてくれました。 見事ペイトリオッツ勝利!でカンファレンスチャンピオンシップ出場です。 マリオタvsブレイディは、24歳vs40歳と年齢差がもっとも大きいQB対決でした。経験の差もさることながら、ブレイディの…

NFCディビジョナルプレイオフ イーグルスvsファルコンズ

いやー、素晴らしいゲームでした。最後の最後、4thクォーターの残り時間50秒まで、どちらが勝つかわからない、本当にドキドキハラハラのゲーム内容。 これぞNFLの楽しさといえるナイスゲームでした。 ゲームの結果はイーグルスが見事勝利しました! エースQB…

アラバマ大とジョージア大のリッドリー兄弟

www.sbnation.com アラバマ大学vsジョージア大学の決戦が開催されました。 リッドリー兄弟は、どちらもスターターメンバー。 1歳年上の兄のカルバンはアラバマ大学。弟のライリーはジョージア大学です。 ゲームはアラバマ大学の勝利で終わりましたが、両校と…

パンサーズ欲しい人~~~?ハイハイハーイ!

さぁ、ワイルドカードプレイオフでも、残念ながら勝てませんでした。あとは、チーム売却の話をすすめるばかりの、カロライナ・パンサーズ。 オーナーが変わるという相当大きな出来事。しばらく話題になりそうです。果たして誰がNFLオーナーという名誉を得る…

各チーム コーチ人事

いろいろと粛清の旋風が吹き荒れるなか、コーチにもその嵐はやってきます。基本的にスポーツの世界はコーチが責任を問われますよね。おいおい、こいつで良いのかという人事もありますが、1つずつ記事にするよりもこっちのがわかりやすいな。というところで、…

2017-18プレイオフ速報 ワイルドカード結果

いよいよ先日の日曜日からプレイオフがスタートしました。プレイオフの組み合わせは上記の通りです。やはり予想通りという展開でございまして、ペイトリオッツか、ピッツバーグか、というところが気になるところ。 AFC タイタンズvsチーフス NFC ファルコン…

プレイオフ分析 NFC第1シード フィラデルフィア・イーグルス

正直予想だにしてなかったチームです。まさかの快進撃で地区優勝。 でもま、もともと結構強いチームです。この15年を振り返っても、プレイオフにでるのは9回目。カンファレンスチャンピオンシップには3回、スーパーボウルには1回出場と、なかなか慣れてるチ…

プレイオフ分析 NFC第2シード ミネソタ・バイキングス

「SB開催地チームはスーパーボウルに出れない」 というジンクスを破ることができるかも知れません。同地区ライバルのグリーンベイ・パッカーズは最強QBアーロン・ロジャーズが鎖骨骨折でシーズンエンド。勝ち星を上げることができず沈没しました。 スーパー…

プレイオフ分析 NFC 第3シード ロサンゼルス・ラムズ

嬉しいです!ラムズ応援してます!HCのショーン・マクベイは最年少のHC。同じくQBのジャレッド・ゴフは2年目の若手。2人の若いセンスがガンガンリーグを伸していくのが小気味いいですね。 ラムズが地区優勝したのは、2003年。なんと14年前のことです。それ以…

プレイオフ分析 NFC第4シード ニューオリンズ・セインツ

第4シードというより、優勝候補?とすら思ってしまう。猛烈な攻撃力をもっているチームです。ブリーズのレーザーパスに加えて、新加入のRBアルビン・カマラ、エースRBのマーク・イングラムが非常にいい。 パスプレイに偏っていたオフェンスでしたが、この2人…

プレイオフ分析 NFC第5シード カロライナ・パンサーズ

ニューオリンズ・セインツとは勝ち星が11とならんでおりますが、セインツ戦では2戦2敗ということで、第5シードでのプレイオフ出場となったパンサーズ。 開幕からずっと、重要なプレイヤーであるTEのグレッグ・オルセンが怪我のため、出場できず。さらにエー…

プレイオフ分析 NFC第6シード アトランタ・ファルコンズ

良かった!って感想です。昨年素晴らしい活躍をみせてスーパーボウル優勝間近!まで進んでたあのファルコンズが、まさかのプレイオフ出れないのか!っていう危険なシーズンでした。 でもやっぱりマット・ライアン、フリーマン、フリオの3人はしっかり敵を仕…

プレイオフ分析 AFC第1シード ニューイングランド・ペイトリオッツ

もう常連中の常連。NFLの歴史で初の9連続地区優勝を果たしたペイトリオッツ。東地区ではペイトリオッツ以外が勝つのを近年見たことがありません。どころか、スーパーボウルにも毎年でてるんじゃないの?って思うくらい。プレイオフでも常にいいところにつけ…

プレイオフ分析 AFC第2シード ピッツバーグ・スティーラーズ

やっぱり来ましたスティーラーズ。今年も優勝候補です。昨年はカンファレンス・チャンピオンシップで宿敵ペイトリオッツと戦いました。RBのレベオン・ベルの怪我で途中退場。これが影響して、残念ながら敗退となりました。 今年も同じカードになりそうです。…

プレーオフ分析 AFC第3シード ジャクソンビル・ジャガーズ

来ました。本当に久しぶりのプレーオフ。ブレイク・ボートルズもプロになって初めてのプレイオフ。嬉しいでしょうねー。ザーッといきましょう、ザーッと。 チーム紹介 こちらご参照下さい(^o^)↓ www.nfl-mania.com チームの戦績は? オフェンス リーグ6位 デ…

プレーオフ分析 AFC第4シード カンザスシティ・チーフス

かつてはちょっと弱い印象なんですが、HCがアンディ・リードになってからは強い。今年のシーズンも開幕5連勝。しかも昨年スーパーボウル覇者のペイトリオッツを開幕でジャイアント・キリング(?)がスタートでした。 まずはチームの紹介 チームの戦績ざっく…