NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【21】イルカは攻撃的 マイアミ・ドルフィンズ

f:id:kazumax78:20170525103648j:plain

イルカってメルヘン。イルカに乗って。海を泳いで。

人間の思いを分かってくれる、賢い動物。

ドルフィンクルーズ、ああ、なんて素敵なんでしょうか。

 

しかし、イルカは別の一面をもっています。

時々砂浜にイルカの子どもの死体が上がってきます。

どいつもこいつもズタズタにされてます。

幼児殺しをするなんて、こんなところも人間に似てるんですね。

また、ドラッグを楽しんだり、いじめをしたりもします。

f:id:kazumax78:20170525103635j:plain

さらに、すごく性欲が強い生き物で、

人間のメスに性的興奮を覚えることもしばしば。

イルカに股を突かれ、嫌がる女性を助けようと、間に入った男性2名が殺されてしまったというニュースは記憶に新しい。

 

というように、実は獰猛な性格も持っているイルカ。

さぁ、マイアミ・ドルフィンズ。ファンシーなカラーですが、中身は性欲ゴリゴリの獰猛なフットボールマンたちです。

 

セレブ屈指のリゾート地マイアミ!

もういい印象しか無いですね。マイアミビーチとか一度行ってみたい場所です。セレブだけど、ローカル。アメリカ屈指のリゾート地。それがマイアミです。

地図をみてもわかるように、緯度はほぼ、メキシコ。海の向こうはキューバですから、熱いはず!相当に開放的になってしまうのは想像に難くないですね。

日本人にも縁のある、イチロー選手がマイアミ・マーリンズにいたり、観光面でも大きな吸引力の有る街です。

 

チームの歴史

 1966年に創設されて、AFLの一員になった。ですから、今でもAFCですね。チームの名前は皆から公募して、1000のリストが集まった。マリナーズマロウダーズ、ムスタングス、ミサイルズ、ムーンズ、シャークス、サンズなど、色々あったけど、ドルフィンズになったみたい。(wikiより)

 

名将がドンシュラが築いたドルフィンズの時代

f:id:kazumax78:20171122094016j:plain

ポール・ブラウンの教え子であるドン・シュラが、創設4年の新しいチームであるマイアミ・ドルフィンズのHCに就任した。

彼の就任後、ドルフィンズはメキメキと結果を出した。就任の1970年から4年連続で地区優勝を実現。ドンシュラはその後1995年までの26年間ヘッドコーチを歴任しました。

1995 3位 1982 スーパーボウル出場
1994 地区優勝 1981 地区優勝
1993 2位 1980 3位
1992 地区優勝 1979 地区優勝
1991 3位 1978 2位
1990 2位 1977 2位
1989 3位 1976 3位
1988 最下位 1975 2位
1987 3位 1974 地区優勝
1986 3位 1973 スーパーボウル連覇
1985 地区優勝 1972 スーパーボウル優勝
1984 スーパーボウル出場 1971 スーパーボウル出場
1983 地区優勝 1970 2位

 

HCに就任した翌年の1971年に、初の地区優勝を果たしスーパーボウルに出場。惜しくもダラス・カウボーイズに辛くも破れてしまいましたが、その手腕たるや恐るべきものです。

f:id:kazumax78:20171122094014j:plain

1972年には、一度の敗北もない14-0で地区優勝を果たしスーパーボウル制覇。前人未到のパーフェクトシーズンを達成。さらに翌年スーパーボウルを連覇。(ドンシュラの無双っぷりどんだけ)

 

1971~1985年の15年で回地区優勝10回、スーパーボウル出場5回と、ドン・シュラ無双時代。この地区はその後、ビルズが4年連続スーパーボウルに出場。そしてペイトリオッツ王朝時代に移ります。ドン・シュラから、ビル・ベリチックへと名将のバトンが渡されていきます。

 

 

f:id:kazumax78:20141221123800j:plain

先日85歳の誕生日会がハードロック・スタジアムで開催されました。すごい男ですね。ドン・シュラ。でも、彼の師匠であるポール・ブラウンってどれだけスゴイんだと思います。


 

 過去の永久欠番選手を紹介

 永久欠番#12 QBボブ・グリース(Robert Allen Griese)

f:id:kazumax78:20171122092422j:plain

1967年ドラフト1巡目、全体4位指名。パルデュー大出身。

第7回、第8回のスーパーボウル優勝までチームを引っ張ったQB。

 

永久欠番#39 FBラリー・ソンカ(Lawrence Richard "Larry" Csonka)

f:id:kazumax78:20171122101101j:plain

f:id:kazumax78:20171122101058j:plain

1968年ドラフト1巡、全体8位指名の選手。シラキュース大学出身。QBボブ・グリースと一緒に、第7回、第8回のスーパーボウル優勝に大きく貢献した選手。特に第8回ではスーパーボウルMVPに輝いている。5度のプロボウルに選出され、10年間でNFLキャリアを閉じた。現在70歳。クリスマスの12月25日生まれの選手。

 

永久欠番#13 最強QB ダン・マリーノ

f:id:kazumax78:20171122101105j:plain

f:id:kazumax78:20171122101109j:plain

1983年ドラフト、1巡目全体27位指名選手ドルフィンズ黄金時代をドン・シュラとともに築いたQB。NFLの歴史でも、ダン・マリーノはフットボール業界の振興に大きく貢献した選手。

1983年-1999年まで活躍。典型的なポケットパッサーであり、クイックリリースと強肩でドルフィンズの黄金時代を築きました。今で言う、アーロン・ロジャーズのようなQBだったんでしょうね。

ピッツバーグ生まれの彼は生まれながらの強肩の持ち主。高校卒業後には、カンザスシティの野球部からも指名が入るが、フットボールの道を選択して、ピッツバーグ大学に進学。

NFLには当然1巡指名でドルフィンズ入団。翌年1984年には、年間パスヤード5082ydsを記録する。これは21世紀に入り、2011年にドリュー・ブリーズ、トム・ブレイディが5200ydsを出すまで破られることはなかった。ちなみに年間最高パス記録は、ペイトンマニングが2013年に出した5,477yds。これがNFLレコードである。

ジョン・エルウェイと戦い、その後はブレット・ファーブと戦い、NFLを代表するQBとして数々の名勝負を繰り広げた一人。いま現在彼はフロリダ州に住んでいる。ドルフィンズの重役に就任したという話もあったが、3週間で辞めちゃって、NBAのオーナーといっしょにピッツバーグのNHLチーム、ペンギンズを買おうとしてるらしい。

 

 

主要選手紹介

QB ライアン・タネヒル#17 

f:id:kazumax78:20171122101341j:plain

2012年ドラフト1巡目、全体8位指名。テキサスA&M大学出身。2016年のパス獲得ydsは3000未満と振るわなかったが、デビューの2012年シーズンは3200yds、その後は4000ydsを超えてきた。パッサーとして優秀なQB。現在肩の怪我が治らず、2017年シーズンは1試合も出場できていない。

 

QB ジェイ・カトラー

f:id:kazumax78:20171122101517j:plain

2006年ドラフト1巡目、全体11位指名。バンデービッド大学出身。かつてシカゴ・ベアーズのスターターQBとして活躍していたが2016年シーズンに引退を表明。しかしタネヒルが出場できないことを確認したドルフィンズが、復帰を打診。2017年シーズンのスターターQBとして、ドルフィンズと契約している。嫌われ選手の代名詞として有名である。


C マイク・パウンシー(Mike Pouncey)#51

f:id:kazumax78:20171122101559j:plain

f:id:kazumax78:20160825195620j:plain

2011年ドラフト1巡目、全体11位指名。フロリダ大ゲーターズ出身。スティーラーズのCマーキス・パウンシーと双子の兄弟。マイクが兄でマーキスが弟。マーキスの方が1年早くデビューしている。

 

LT ラレミー・タンシル(Laremy Tunsil)#67

f:id:kazumax78:20171122101703j:plain

f:id:kazumax78:20171122101707j:plain

2016年ドラフト1巡目、全体13位指名ミシシッピ大出身。21歳のときに母親の再婚相手に暴力を振るったと大学のゲームを7つ出場停止に。どうも母親を守った、という彼の言い分をしっかりと立証することができなかったようだ。

 

TE ジュリアス・トーマス(Julius Thomas)#89

f:id:kazumax78:20171122103331j:plain

f:id:kazumax78:20171122102015j:plain

2011年ドラフト4巡目-全体129位指名ポートランド州立大出身。2011年から5年間はデンバーブロンコス。その後2年ジャクソンビルに在籍し、2017からドルフィンズへ。

 

 

 

WR デボンテ・パーカー(DeVonte Parker)#11

f:id:kazumax78:20171122102315j:plain

f:id:kazumax78:20161224144337j:plain

2015年ドラフト1巡目-全体14位指名 ルイビル大出身

 

 

WR ジャービス・ランドリー(Jarvis Landry)#14

f:id:kazumax78:20171122102443j:plain

f:id:kazumax78:20161127125550j:plain

2014年ドラフト2巡目.全体63位で指名。名門LSUタイガース出身。ジャイアンツのオデル・ベッカムJrとは同級生チームメイトで同じポジション。絆が深い。

2年目から1100ydsのパスキャッチを記録。昨年も1136ydsを記録しており、ドルフィンズのエースWRですね。

 

WR ケニー・スティル#10

f:id:kazumax78:20171122102208j:plain

f:id:kazumax78:20171022125914j:plain

2013年5巡目全体133位指名。オクラホマ大学出身。今季で5年目。ニューオーリンズからドルフィンズに移籍して3年目を迎える。

 

DT ダムコング・スー(もしくはエンダムカン・スー)

f:id:kazumax78:20161106175216j:plain

f:id:kazumax78:20171122102554j:plain

2010年ドラフト1巡目-全体2位指名。 ネブラスカ大出身。デトロイト・ライオンズから昨シーズン移籍してきたDT。プロボウルにも4回選ばれている名選手。2010年のドラフトでは全体2位指名の高いポテンシャルと実績をもつ選手。ルーキー年には、10サックをあげ、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

でも、それより有名なのが、そのプレーの最凶ぶり。タックルした相手選手の頭をゴリゴリ踏みつけたりと「最もダーティーな選手1位」「嫌いなアスリート4位」に選ばれている。


DE キャメロン・ウェイク(Cameron Wake)#91

f:id:kazumax78:20171122102735j:plain

f:id:kazumax78:20171122102734j:plain

2005年のドラフト外選手。ペン州立大出身。ドラフト外選手ながらトップ100人に選ばれ、さらに5回もプロボウルに選ばれてるスター選手です。ダムコング・スーと並び、ドルフィンズが誇る力強いパスラッシャー。

FS リシャッド・ジョーンズ(Reshad Jones)#20

f:id:kazumax78:20171122102843j:plain

f:id:kazumax78:20171122102847j:plain

2010年ドラフト5巡目、全体163位指名- ジョージア大学出身。2017年シーズン現タックル数がチームで1位。今季8年目を迎え、下位指名ながら高い契約金額をもってる選手。

CB ザビエン・ハワード(Xavien Howard)#25

f:id:kazumax78:20171122103002j:plain

f:id:kazumax78:20160901200338j:plain

2016年ドラフト2巡目、全体36位指名。ベイラー大学出身。まだアーリーエントリーなので契約金額は少ないが、タックル数はチームでも上位。パスディフェンスも今シーズン4回とまずまずのできかと。これからに期待。

 

LB キコ・アロンソ(kiko alonso)#47

f:id:kazumax78:20161211135331j:plain

f:id:kazumax78:20171122103104j:plain

2013年ドラフト2巡目、全体46位指名オレゴン大出身でチップ・ケリー監督の下でプレーしていた選手。ビルズでデビューして全16試合スターターLBとして活躍。タックル159回!インターセプトも4回という猛烈大活躍した選手。

しかし2014年のオフ、母校のオレゴン大で自主練中に膝前十字靭帯(ACL)断裂の大怪我。ほんとツイテナイ・・・。

 

イーグルスのRBルショーン・マッコイと交換するというビッグトレードがフィラデルフィアと成立。しかし1年だけの在籍。現在ドルフィンズのロースター入り。怪我の具合がよくなって入れば、TOP100に入るLBだと思いますが、どれくらい動けるのでしょうか。

 

RB ジェイ・アジャイー(イーグルスに移籍)

2015ドラフト5巡目、全体149位。それほど注目されてこなかった選手。事実デビューの年は9試合で187ydsと全く成果を残せていない。しかし2016年には1272ydsを記録してtop5RBの仲間入り。2017シーズンがどれだけ走れるのかが見ものです。

彼が抜けた穴が随分でかい!ドルフィンズの次回ドラフトが実に楽しみです。

 

ドルフィンズ チアリーダーズ!

 

女神のようです!