NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【23】パープルヘイズ!ミネソタ・バイキングス

北欧のバイキングが作った街 ミネアポリス

f:id:kazumax78:20171122172804j:plain

f:id:kazumax78:20171122171742j:plain

バイキングス、北欧のバイキングたちがこの街に居着いたから、このチーム名になったそうです。本拠地は、ミネソタ州ミネアポリス。カナダとの国境に位置する州で、五大湖の近くにあります。

 

 

ヘルメットの「人魂」みたいなのは、「バイキングの角」をイメージしてます。

f:id:kazumax78:20171122173011j:plain

ミネアポリスセントポールという2つの都市圏を合わせて、300万人規模の人口集積都市。まぁまぁ大きい感じですね。町の歴史については、調べてもあんまりおもしろいネタが無かったので割愛します。

 

バイキングの歴史

を勉強したければ、ドラマ「バイキングス」に出てるキャサリン・ウィニックがすんごく美人でオススメ。 

Vikings: Season 1 [DVD] [Import]

Vikings: Season 1 [DVD] [Import]

 
 とにかくむっちゃかわいい。東欧系の美人ですね。

 さて、余談は終わりまして、バイキングス、どんなチーム何でしょうか。

 

 

 

チームの歴史と戦績

  1. 1961~1966年 チーム創設 最下位スタート
  2. 1967~1983年 地区優勝11回 スーパーボウル出場4回
  3. 1984~2000年 地区優勝5回 スーパーボウル出場
  4. 2001~2017年 地区優勝3回

スーパーボウルに5回も出場しているかなり強いチームです。しかし、黄金期といえるバド・グラントの時代を超えてからは2位に納まることが多い。同地区ではグリーンベイのQBブレット・ファーブが大活躍。QBファーブの時代を経て、次はQBアーロン・ロジャーズ、この地区はパッカーズがやはり強い。

 

黄金期を築いたHCバド・グラント 1967年~1983年、1985年

f:id:kazumax78:20171122180448j:plain

f:id:kazumax78:20171122180454j:plain

当初この地区は、グリーンベイ・パッカーズが一番強かった。そこに風穴をあけたのが、HCのバド・グラント。彼はNFL現役時代もドラフト1巡選手。ワイドレシーバーとディフェンス・エンドの両方をこなし、さらにコーチになってからは、その戦術眼とマネジメント力を発揮し、ミネソタの黄金期を築いたレジェンドHC。

 

f:id:kazumax78:20171122180502j:plain

これは現在のバド・グラント。さすがのAPもバドの前では小僧のようです。

 

黄金期を築いたQBターケントンと、「パープル・ピープル・イーター」 

QB フラン・ターケントン

f:id:kazumax78:20171125134848j:plain

f:id:kazumax78:20171125134910j:plain

いまはこんなお爺さんですが、当時はリーグを代表するQB。今のブレイディと同じくらい すごい選手でした。

 

最強ディフェンスチーム「パープル・ピープル・イーター」

f:id:kazumax78:20170525183829j:plain

4年連続地区優勝の原動力となった超強力ディフェンスは、『パープル・ピープル・イーター』と異名をもち、ゲームを牛耳っていました。

f:id:kazumax78:20171122181211j:plain

地区優勝18回、プレーオフ出場26回と、結構地区でも強い印象のチームですね。カンファレンスチャンピオンには4回、つまりスーパーボウルには4度挑戦ですが、まだ優勝できないチームっていえますね。

 

ホームスタジアム USバンク・スタジアム

めっちゃかっこいいスタジアムですね!誰が設計したんだろう。

 

 

 

最近のバイキングス戦績

f:id:kazumax78:20171125135504j:plain

2002年にはいってからの15年間。2位が多いです。08-09と二年連続で地区優勝しておりますし、15シーズンも地区優勝。 やはりこのNFL北地区はパッカーズかバイキングスか、という感じに固まってしまってますね。

 

オフェンスチーム主要選手

QB テディ・ブリッジウォーター#5

f:id:kazumax78:20171125140353j:plain

f:id:kazumax78:20171125140357j:plain

2014年のドラフト、全体32位指名。ルイビル大学出身。バイキングス期待の新人QBだった彼。入団一年目は控えQBだったが、2年目の2015年にデビューして、プロボウルにも選ばれるほどの選手。しかし、2016年の8月30日。プレシーズン中にACL断裂という致命的な怪我を負って試合に出れない。

司令塔を失ったチームは急遽、イーグルスから代役QBとして、サム・ブラッドフォードをトレードしました。

 

 

QB サム・ブラッドフォード#8

f:id:kazumax78:20171125140520j:plain

f:id:kazumax78:20171125140537j:plain

2010年ドラフト全体1位指名。オクラホマ大学出身ラムズからイーグルスへ。そして2016年からバイキングスへとトレードされてきた選手。全体1位指名だがチームを3つも変わっているのは”バストドラフト”と呼べる。もう一つ結果がだせてなくて、期待できない感が残る。

現在2017年シーズンは、途中で怪我をして試合にでれてない。全体1位の栄光はどこへやら。残念なことこの上ない。

 

QB ケース・キーナム#7

f:id:kazumax78:20171125141254j:plain

f:id:kazumax78:20171125141258j:plain

2012年ドラフト外選手。ヒューストン大学出身テキサンズラムズテキサンズラムズ、そしてバイキングスと、チームを移ってきた。

 2016年シーズンはラムズのスターターQBとして、全体1位指名のジャレット・ゴフを控えに回す布陣を組んでいたが、全く結果を残せず、HCジェフ・フィッシャーと一緒に解雇処分された。(このあたりは「オール・オア・ナッシング2」の記事を参照ください。)

 

 そんな彼に控えQBとしてのオファーをしたのが、ミネソタ・バイキングス。不完全燃焼のままでは、引退できない彼は新天地に希望を見出すべく、孤軍奮闘。サム・ブラッドフォードが怪我をしてから、彼がスターターQBに返り咲いた。今シーズンは、8勝2敗という好成績。去年のラムズの記録はなんだったんだ疑いたくなる目覚ましい活躍ぶり。応援してます。ケース・キーナム。

f:id:kazumax78:20111207201429j:plain

 

LT ライリー・ライフ #71

f:id:kazumax78:20171125151145j:plain

2012年ドラフト1巡目、全体23位指名。アイオワ大学出身デトロイトから移籍。2017年からバイキングスへ。

 

C パット・エルフレイ#65

f:id:kazumax78:20171125151428j:plain

f:id:kazumax78:20171125151511j:plain

2017年3巡目、全体70位指名。オハイオ州立大学出身。ルーキーながらセンターを務める。頑張れ。

 

RB ラタビアス・マレー#25

f:id:kazumax78:20171125151625j:plain

f:id:kazumax78:20171125151620j:plain

2013年 6巡目、181位指名。レイダースのスターターQBだったが、2017年よりバイキングスへ移籍。2015年には、1,000ydsを超えるラッシュをマークして、プロボウルにも選ばれてるRBです。現在はバイキングスのランプレイの要となる選手です。

 

WR アダム・シーレーン#19

f:id:kazumax78:20171125151753j:plain

f:id:kazumax78:20161120111230j:plain

2013年のドラフト外選手ミネソタ州立大学出身。ディグス、ルドルフと彼の3人がバイキングスの点取り屋。ドラフト外ながら大活躍の人ですね。

 

WR ステフォン・ディグス#14

f:id:kazumax78:20171125151859p:plain

f:id:kazumax78:20171125151904j:plain

2015年、5巡目、146位指名の選手。メリーランド大学出身。2017年も900ydsを超えるレシーブを出せそう。バイキングスのエースレシーバー。

 

TE カイル・ルドルフ #82

f:id:kazumax78:20171125152217j:plain

f:id:kazumax78:20160828131935j:plain

2011年ドラフト2巡目、全体43位指名。ノートル・ダム大学出身。2012年にはプロボウルに選出され、プロボウルMVPにも輝いている名TE。2M近い身長でガンガンと相手をなぎ倒すような力強いレシーブをしてくれる頼もしい選手です。

 

ディフェンスチーム主要選手

DE ダニエル・ハンター#99

f:id:kazumax78:20171125152949j:plain

f:id:kazumax78:20171125152955j:plain

2015年3巡目、全体88位指名。名門LSUタイガース出身。2016年には年間12回のサックを記録している。2017年シーズンも6回サック、パスディフェンス2回とスピードのある選手です。

 

DE エバーソン・グリフィン#97

f:id:kazumax78:20171125153633j:plain

f:id:kazumax78:20171125153643j:plain

2010年ドラフト4巡目、全体100位指名。USC出身。2017年シーズンでは12回を超えるサックを記録している。チームが誇るパスラッシャー。2015年、2016年とプロボウルに選出されている。バイキングスのディフェンスのパワーマン。

 

f:id:kazumax78:20171125153607j:plain

 こないだ子どもが生まれたらしくて、サックを決めたときに、ジャージの下に「子ども生まれました!名前募集!」ってメッセージかいたTシャツを着てました。

 

 

OLB アンソニー・バー#55

f:id:kazumax78:20171125154459j:plain

f:id:kazumax78:20171125154508j:plain

2014年ドラフト1巡目、全体4位の大人気LBUCLA出身。

 

MLB エリック・ケンドリックス#54 

f:id:kazumax78:20160801143453j:plain

f:id:kazumax78:20171125155201j:plain

2015年ドラフト2巡目、全体45位指名。UCLA出身。

 

CB ザビエル・ローズ#29

f:id:kazumax78:20171125160546j:plain

f:id:kazumax78:20161120161503j:plain

2013年ドラフト1巡目、25位指名フロリダ州立大学出身。

 

CB トレ・ウェインズ#26

f:id:kazumax78:20171125160702j:plain

f:id:kazumax78:20171125164435j:plain

2015年ドラフト1巡目、全体11位指名。ミシガン州立大出身。

 

 

FS ハリソン・スミス#22

f:id:kazumax78:20171125161211j:plain

f:id:kazumax78:20171125161219j:plain

2012年ドラフト1巡目、全体29位指名。ノートルダム大学出身。2015年2016年にはプロボウルに選ばれたセーフティの中でも相当優秀な選手です。

 

 

 

RB (移籍▶セインツ▶カーディナルス)エイドリアン・ピーターソン

NFLきってのリーディング・ラッシャーAPことエイドリアン・ピーターソン。彼とルショーン・マッコイのカットはもう、忍者かよ!って叫びたくなるほど。

2012シーズンに彼が叩き出したラッシングydsは2097yds。これはNFL歴代2位の記録です。現役のRBメンバーで彼ほどの記録をだせた人はいませんので、現在ナンバーワンのRBといっていいでしょう。

しかし、彼もまたチャンピオンになりたい。名誉が欲しい。そんな欲があったのか、彼を巡ってトレード熱がオフシーズンにもりあがり、彼はニューオーリンズ・セインツに移籍が決定!

バイキングスのRBは誰が務めるのか。不安ですね

バイキングス チアリーダーズ!

めっちゃかわいくないですか?応援したくなります!