NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

NFLチーム紹介【24】若牡馬軍団 インディアナポリス・コルツ

コルト。とは、競馬でいうところの若駒のことである。

若い雄馬たち。それがコルツですね。大変雄々しく爽やかな名前ですね。

 

インディアナポリスの紹介

アメリカ中央部、五大湖の南西に位置する大きな都市です。都市圏域人口が220万人と中西部ではシカゴに次ぐ規模の都市になります。

 

街を中心として、放射線状に道路・鉄道が走っており、4本の州間高速道路の結節点(ハブ)としての地の利をもって、運輸流通業など経済的にも大きくなった街ですね。

市内は製造業が盛んで、フォーチュン500に選ばれた企業が3つ。世界9位の製薬会社であるイーライリリーはここが本社。

街の名物はインディー500です。モータースポーツの楽しみ方も、アメリカは一味違いますね。

アカデミックな部門ではフットボールで有名なパデュー大学があります。またインディアナポリス中央図書館は、建築的にもとっても見どころがあります。

 

コルツの歴史

もともとはボルチモアに1953年に設立されました。NFLとAFLが合併されたときに、AFCに移り、統合後の初のスーパーボウルカウボーイズと決戦し、優勝を果たします。しかし、今から約40年前の1978年移行、低迷期がありまして、スタジアムの老朽化もあって、オーナーはフランチャイズの移転を思索します。

その噂を聞きつけたメリーランド州議会は、急いでチームの所有権をボルチモアシティに移そうと動き出すんですが、その気配を感じたオーナーがなんと、トラックむっちゃたくさん用意して、チームごと夜逃げするんですね。そうしてかなり強引にインディアナポリスに引っ越しが決まったわけです。

その後、1998年のドラフトでペイトン・マニングを獲得した新生コルツは、文字通り生まれ変わります。2003年から5年連続で地区優勝。2006年のスーパーボウル制覇を成し遂げ、コルツの時代を確立しちゃいます。でもNFLの新陳代謝の影響で、やはり2011年にはまた弱くなり、地区最下位。チームはマニングを解雇する決断をします。しかしマニングはその後デンバーに移り、そこでもスーパーボウルを制覇する偉業を成し遂げています。

新たに天才QBアンドリュー・ラック。翌年2012sは2位でプレーオフ進出、JJワットが加入して馬鹿みたいに強くなったヒューストンにも打ち勝ち、13s、14sは地区優勝、15sは2位、昨年は3位と、チーム改造にまずまずという感じ。

 

コルツが誇る名選手

RB エリック・ディッカーソン

NFLレコードを保持している不世出の天才RB。コルツのあとに移籍したラムズでは、1984年に2105yds走っており、その記録は35年経った今でも破られていない。史上最高のRB。

QB ペイトン・マニング

コルツの時代を作った立役者。父・弟ともにNFLプレイヤーであり、NFLの世界では「マニング=神様」みたいな感じ。2013年にブロンコスで叩き出した年間パス獲得5,477ydsはNFLレコード。トム・ブレイディと並び、史上最高のQBと評価されています。

 

 

主要選手

QB アンドリュー・ラック

 

 

RB フランク・ゴア

年間獲得1025ydsで、昨年の記録では12位のRBですね。34歳という年齢ながら、ようここまで記録がだせるもんだと恐れ入ります。以前は49ersに2005年から10年間在籍していて、そのほとんど全ての試合に参加しているので、肉体的にかなーりタフなんでしょうね。怪我しないRBって、ありがたいですねー。デビューして以来、1000yds走れなかったのは、ルーキーイヤーを除くと、2015.2010シーズンの2つだけ。コンスタントにラッシュしてくれるあたり、スゴイ選手ですよね。

2005年のドラフトでは、全体指名65位。round3。5回もプロボウルに選ばれています。

WR T.Yヒルトン

年間獲得1,448ydsという強烈な記録をもっています。コルツのエースWRですね。毎年平均的に、1100~1300yds出してますが、昨シーズンついにベスト更新。

家族思いのいいやつ!って感じがします。2012年のドラフトでは、全体指名92位。round3ですね。コルツはゴアもそうですが、コルツは選手を育てるのが上手なんかもしれないね。ずっとコルツに居て欲しいですが、今シーズンでFAされちゃうんじゃないかなー。

 

チームの課題

OLがズタボロな印象です。ラックはいいQBなんですが、もう少しパスプロ頑張れると、もっと成績伸ばせるでしょう。この状態で、ヒルトンにこれだけパス通してるってのは、頭脳がいいのと、パスの精度が高い証拠。同じ地区にJJワットがいる分、OTにいい選手を補強できると、だいぶ違うでしょうね。

あとディフェンスでは、LBとDBにもっとスピードが欲しい感じです。無駄なロングゲインを許してしまって主導権を握られて負ける。そんなことが何度かあるように思いますね。

 

コルツ チアリーダー

これはいい。結構ハイレベル!