NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

トランプ大統領への抗議活動 ニーダウン国歌斉唱

皆さんこの人覚えてますか? 膝つき男コリン・キャパニック

f:id:kazumax78:20170926010548j:plain

 以前話題になった、国歌斉唱の際に歌わないどころか、膝をついて「俺は今のアメリカは好きじゃない」って国家への忠誠を断るような抗議活動を行っていた49ersのQBコリン・キャパニックさん。

 彼はQBとして素質はあったものの、なかなか成果を挙げられず、49ersから放出されました。その後、他のチームが食指を動かしたものの契約までは至らず、今なお流浪の旅にでているアフロマンです。

 

 さて、このキャパニックの抗議行動。これをみんなが真似しています。というのも、この男の過激発言が原因です。

 

 

第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・トランプ

f:id:kazumax78:20170928003116j:plain

 

 9月19日に開催がありました、国際連合の総会において、ドナルド・トランプ大統領は、北朝鮮金正恩総書記が行った水爆実験、また度重なるICBM大陸間弾道ミサイル発射実験に対し「アメリカと同盟国を守ることを迫られれば、北朝鮮を完全破壊する以外の選択肢は無い」と明確に発言した。

 これにより、米国と北朝鮮間に一触即発な強烈な緊張状態が高まっている。北朝鮮側のリ・ヨンホ外相は、「これは米国の明確な宣戦布告である」とまで発言するほどである。

 

と、対外的にも相当に過激発言を連発しているドナルド・トランプ大統領。そんな彼がこんな発言をNFLに対してします。

 

 

f:id:kazumax78:20170926011054j:plain

「国歌斉唱のときに膝ついてるやつ。あんなの即クビにしろ!俺にはNFLのオーナーの友人がたくさんいるんだ!あんなの即刻クビにしろ!」

 

これに、NFLの選手たちは多いに反応しました。

 

この大統領発言に対し、NFLの選手たちは大きく抗議活動に出た

f:id:kazumax78:20170926012159j:plain

f:id:kazumax78:20170926012204j:plain

f:id:kazumax78:20170926012211j:plain

f:id:kazumax78:20170926012219j:plain

f:id:kazumax78:20170926012226j:plain

f:id:kazumax78:20170926012237p:plain

f:id:kazumax78:20170926012247j:plain

f:id:kazumax78:20170928003649j:plain

f:id:kazumax78:20170924105717j:plain

f:id:kazumax78:20170925182239j:plain

 

 「俺たち全員クビにしてみやがれ。できるもんならやってみろ!」

 レイダースも、ペイトリオッツも、ビルズも、ジャガーズも、コルツも、ドルフィンズも、レイブンズも、ブラウンズも、極めつけはカウボーイズのジェリー・ジョーンズオーナまでも。数多くの選手たちが「自分の気持ち」として抗議活動にでた。

 誰も皆「オレがやるから、お前もやろうぜ」みたいな気持ちは無いはずだ。みな自然に同じ気持ちが生まれたんでしょう。

 

 

 確かに、トランプ大統領の発言は外交の道を閉ざしてしまっている。彼は一国の最高権力者であり、最高意思決定権者である。この結果は見えていたのかも知れない。

 だが、かと言って柔和策に出たからと行って、あの北朝鮮を止める方法が見つかっただろうか。戦争を回避することは、アメリカだって望んでいることだろう。当然大統領でも。

 しかし、水爆やミサイルで軍備拡大し、発言権を高めようとする北朝鮮のやり方は、まさしく「脅迫」である。正義なき力がまかり通る事を許してしまっては、それこそ秩序が保てなくなるのではないだろうか。

 

 だけども、NFL選手に対する言論統制とも言える横暴は許せない。それは同感。

 

こちらの記事もオススメ

kazumax78.hateblo.jp