NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

week3ハイライト ベアーズ大勝利!名勝負!vs Steelers

こちらも大変な名勝負でした!23-17でベアーズの大勝利!

 1Q スティーラーズがパントをドロップ!大チャンスのベアーズ

f:id:kazumax78:20170927232705j:plain

 1Q 12:40、ベアーズはスティーラーズの鉄壁ディフェンスを崩すことができず、自陣20yds地点で、4thDownパントを選択。このパントはまずまずの伸びで、スティーラーズ陣地25ydsあたりに飛びました。

 しかしリターナーがまさかのキャッチミス。ファンブルしたボールをベアーズのCBシェリック・マクマナス(#27)が確保して、ターンオーバー。そのチャンスをRBハワードがしっかりTDして先制攻撃成功。

 

2Q 残り2秒で スティーラーズのFGをブロック!

f:id:kazumax78:20170927234459j:plain

FGをブロックしたのは、またも活躍してるCBシェリック・マクマナス(#27)。このルーズボールをキャッチしたのは、CBのマーカス・クーパー(#31)!

 

f:id:kazumax78:20170924132338j:plain

誰もいないフィールドをグイグイ走るクーパー。タッチダウンは間違い無し

・・・・・と思いきや、なぜかこのクーパーさん、残り20ydsくらいで走るのスローダウン!誰もいないって思ってたんでしょうね。でもその間にスティーラーズがぐんぐん迫ってくる!ほんとクーパーの馬鹿!

 

f:id:kazumax78:20170927234830j:plain

結局、TEのバンス・マクドナルドが追いつき、エンドゾーンのギリギリ手前でボールをドロップ!クーパーのバカ!何考えてるんだろう!大馬鹿野郎!最終的に、TDは認められず、ドロップしたところで、1stダウン。結局FGで3点を追加して、17−7で前半終了。この時失ったTDとFGの3点差がのちに響くんですね。

 

火が着いたスティーラーズディフェンス

f:id:kazumax78:20170928000555j:plain

 後半スタートして、鉄のカーテンに火が付きました。3Qサックからのファンブルルーズボールをキャッチして、ターンオーバー。そのままTD!ベアーズオフェンスをしっかり封じ込め、もっかいQBサック。

 4QにはベアーズQBマイク・グレノンのパスミスをしっかりインターセプトこのチャンスはTDでなくて、FGとなりましたが、今度はしっかり決め17−17の同点に持ち込みました。

 

OT突入 RBタリック・コーエン 幻の73ydsラン・タッチダウン

f:id:kazumax78:20170928000835j:plain

延長戦に突入し、ベアーズ自陣27ydsからのプレイ。ノース・カロライナAT&T大学(North Carolina A&T)からドラフトで入団したルーキー。RBのタリック・コーエンへのハンドオフ。右のワイドオープンに走り込んだコーエンは、グイグイとラッシュし、73ydsを走りきり、勝利を決定付けるTDを決める。

 かと思いきや、審判の判定は20yds地点で外に出ているので、TDは無し!これにはコーエンも残念無念のムカ着火ファイヤー。しかしこのチャンスをエースRBのハワードがしっかりエンドゾーンに運び、見事ベアーズはスティーラーズを下したわけです。

 

RBジョーダン・ハワード(#24)の大活躍

f:id:kazumax78:20170927224357j:plain

 開幕戦から2試合あまり活躍のタイミングがなかった昨年のラッシュリーダー。しかし、3試合目となるピッツバーグ戦では、電光石火の働きをみせてくれました。

  アタック総数23回、試合での獲得ヤードは138yds、2TD、5レシーブ、平均ラッシュは6ydsと素晴らしいパフォーマンスでした。

 昨年の記録はまぐれじゃないって事を示してくれました。彼のおかげでベアーズは生まれ変わるかもしれないですね。

 

ベアーズ首脳陣は、ルーキーQBトルビスキー(#10)をいつ投入するか!?

f:id:kazumax78:20170927223017j:plain

 スティーラーズに大金星をあげたQBマイク・グレノン。しかし4Q自陣20yds地点でのパスミスによるインターセプトはかなり危険なプレイでした。

 ディフェンスチームの奮闘のおかげで、FGでとどまりましたが、結果4Qに同点に追いつかれ、延長戦となる大失態。OTはRBのスーパープレイが運良くでてなんとか勝利することができました。

 HCはマイク・グレノンのQBぶりを案じているでしょう。「QBは本当に彼のままでいいのだろうか?」と脳裏をよぎった事があるはずでしょう。

 そうなると、ドラフト1巡指名したQBミッチ・トルビスキーをいつデビューさせるか検討しているはずです。

 昨年のラムズはトレードアップしてまで獲得した全体一位のジャレッド・ゴフを温存しすぎて失敗しました。

 その失敗の印象が残っているがゆえ、新QBの投入はひょっとすると早くなるかも知れないです。

 

 

こちらの記事もオススメ