NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

パスラッシャーランキング 2015-2017

サックランキング 2015-2017

 2015年から2017年のWeek4までの戦績を調べてみると、カリル・マックは2014年のデビューからNFL4年目のキャリアにもかかわらず、ものすごい強烈な記録を出してます。

 2位のボン・ミラーは2015年の第50回スーパーボウルでMVPを獲った人。3位のチャンドラー・ジョーンズカーディナルズの不動のLB。チャージャーズイングラムも同じですね。バイキングスのグリフィンも23.5とスゴイ数字です。

 

サックランキング リスト表

 2015年、2016年、そして2017年のWeek4までのスタッツを、僕がまとめたところ、こんな表ができました。

ranking player name sacks ranking player name sacks
1位 Khalil Mack 30 10位 Cameron Jordan 20.5
2位 Von Miller 28.5 12位 Whitney Mercilus 19.5
3位 Chandler Jones 27.5 13位 Aaron Donald 19
4位 Melvin Ingram 24 14位 Cameron Wake 18.5
5位 Everson Griffen 23.5 15位 Fletcher Cox 18
6位 Ryan Kerrigan 23 16位 J.J. Watt 17.5
6位 Geno Atkins 23 17位 Brian Orakpo 17.5
8位 Julius Peppers 22.5 18位 Vic Beasley 17.5
9位 Carlos Dunlap 21.5 19位 Mario Addison 17.5
10位 Cliff Avril 20.5 20位 Ezekiel Ansah 17.5

では、少し紹介します。

 

1位 カリル・マック オークランド・レイダースDE(#52)

f:id:kazumax78:20171005092225j:plain

 言わずと知れた名選手。カリル・マック。人間を超えちゃった人。圧倒的なパフォーマンスです。レイダースとやるときは、マックのいるサイドに相当気を使うはずです。

2位 ボン・ミラー デンバー・ブロコンス OLB(#58)

f:id:kazumax78:20171005092250j:plain

 オシャレ番長のボンさん。そしてオシャレだけでなく、スーパーボウルリングも獲得し、LBの中でも1、2を争う高給取り。デンバーブロンコスの支柱。彼がいるから、デンバーはQBがいまいちでも勝てる。いや、シーミアンがそれほど悪いとは言いませんよ。ただデンバーフランチャイズQBが育ちにくいんですよね。なぜだかねー。

 

3位 チャンドラー・ジョーンズ アリゾナ・カージナルズ OLB(#55)

f:id:kazumax78:20171005092352j:plain

 NFL歴は6年目となるジョーンズ。カーディナルズに加盟したのは、2016年シーズンから。それまでは、ずっとNEペイトリオッツに在籍してました。ドラフト1巡のスター選手で、ペイトリオッツでもスターターでしっかり成績残してました。2014年のスーパーボウルを制覇してリングもゲットしてます。

 でも5年目オプションが行使されず、おそらく彼の働きから行くと、もっと契約金額が欲しかったのでしょう。アリゾナとの契約金額は5年82.5Mドル!スゴイ高給取り。たしかOLBのなかで最も高額な契約を結んでいるはずです。

 

4位 メルビンイングラム ロサンゼルス・チャージャーズ OLB(#51)

f:id:kazumax78:20171005101556j:plain

 2012年1巡指名の大型選手。4年64Mドルの契約を結んでいます。

 全体指名18位。期待以上の成果を出して、チャージャーズのディフェンスのまとめ役となって働いてます。前季にジョーイ・ボッサが加入して、チャージャーズのディフェンスチームは結構強いはず。しかし、今年のシーズンはまったく勝ててません。week4でようやく結果が出せましたが、ちょっとマズイ予感です。

 

5位 エバーソン・グリフィン ミネソタ・バイキングス DE(#97)

f:id:kazumax78:20171005101640j:plain

  8年目のグリフィン。全体指名100位4巡指名選手だったけど、グイグイ伸びました。やっぱりNFLに入団する選手ってほんの少しの違いがあるだけで、もうほぼ同じレベルなんですね。4年で58Mドル。いい選手。

 

6位 ライアン・ケリガン ワシントン・レッドスキンズ OLB(#91)

f:id:kazumax78:20171005101742p:plain

 黒人選手が多い中、唯一の白人プレイヤー。7年目のケリガン、名門パデュ大学出身、全体指名16位の1巡指名選手ですね。レッドスキンズの門番。いいプレイ連発です。セレブレーションがちょっとダサくて好きww。契約金額は5年で57.5Mドル

 

6位 ジーノ・アトキンス シンシナティ・ベンガルズ DT (#97)

f:id:kazumax78:20171005101820j:plain

 NFL8年目となるベテラン。2010年のドラフトで名を受けて以来、ベンガルズ一筋ですね。彼は実は4巡指名、全体120位の選手です。それがいまや、リーグ屈指のパスラッシャーに成長しました。5年53.3Mドルという大型契約。当時のGMたちの見る目は素晴らしかったのでしょうね。

 

8位 ジュリアス・ペッパーズ カロライナ・パンサーズ DE(#90)

f:id:kazumax78:20171005101927j:plain

 なんか、少しとんねるず木梨憲武に似てるNFL16年目のベテランDE。パンサーズからベアーズ、そしてグリーンベイパッカーズに移籍し、今年の2017年に再度古巣パンサーズに帰ってきた。

 年齢も37歳でそろそろ引退の時期が来ているのかもしれないですね。パンサーズとの契約は1年だけで、100万ドル。この成績にしては随分安いですね。

 

9位 カルロス・ダンラップ シンシナティ・ベンガルズ DE(#96)

f:id:kazumax78:20171005102034j:plain

 イケメン黒人のダンラップ。2010年のNFLデビュー以来、ずっとベンガルズ一筋のベテランDE。NFL歴は8年目となります。4年で39Mドルっていう契約。ジーノ・アトキンスと同期入団で、ドラフトはこっちは2巡、全体54位指名だったのに、少し置いてかれてます

 

10位 クリフ・アブリル シアトル・シーホークス DE(#56)

f:id:kazumax78:20171005102347j:plain

 NFL10年目のベテラン選手。シアトルと4年28.5Mドルの契約を結んでいる。デビューはデトロイト・ライオンズ。5年間契約して、その後シーホークスにトレードされてます。

 

10位 キャメロン・ジョーダン ニューオーリンズ・セインツ DE(#94)

f:id:kazumax78:20171005092753j:plain

 NFL七年目。ドラフト1巡選手ですね。全体指名24位の大型補強選手。顔つきもどことなくフテブテシイwwww。5年55Mドルの契約を結んでいます。

 ドレッドヘアが特徴で、いいプレイしたあと、両手を広げるパフォーマンスをするのが彼の個性ですね。

 

 

こちらの記事もオススメ