NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

プレイオフ分析 AFC第6シード バッファロー・ビルズ

1999年以来、なんと19年ぶりのプレイオフ出場!かつての古豪の復活なるか?非常に楽しみな展開になってきました。

f:id:kazumax78:20180101202535j:plain

 

 

ビルズのチーム紹介

こちらを見てくれい(^o^)↓

www.nfl-mania.com

 

ビルズの戦力をざっくり分析

オフェンス力 リーグ24位

ディフェンス力 リーグ18位

パスオフェンス 獲得ヤード リーグ最下位

ランオフェンス 獲得ヤード リーグ6位

  オフェンス力・ディフェンス力ともにあまり良くないです。パスプレイが芳しくない。QBのタイロッド・テイラーはパスプレイというよりも、プレイアクションからQBスクランブルのランプレイが多い。

 解説者の有馬隼人さんによると
「テイラーのパスは回転数が少なくてキャッチしにくい。重く感じる」
んだそうです。

それもあってか、いいパスだな!っておもうプレイでもWRがドロップすることも多々あります。でもそれより、全体的にプレイ自体が少ない。通算449プレイは、リーグでも31位。ビルズはWRよりRBに注目です。

 

オフェンスの要となるのは、RBのルショーン・マッコイ

f:id:kazumax78:20180101203250j:plain

ラッシングオフェンス、リーグ6位の記録をほぼ彼が築いています。16試合通算1138ydsを稼ぎ、ラッシングランキング4位の名RBです。

鬼カットRBマッコイ。とにかく彼に注目です。 

 

もう1人のRB QBタイロッド・テイラー

f:id:kazumax78:20180101203841j:plain

ビルズのオフェンスのパターンは、

  1. RBのマッコイに任せる
  2. とにかくマッコイにスクリーンパス
  3. プレイアクションでテイラーが走る

って感じです。パスプレイがあまり少ないので、とにかく、この2人に注目して見ましょう。

 

 

まとめ

ちょっとオフェンスに厚みが少ない、プレイパターンが少ないことも併せて、ちょっと難しそう。ディフェンスももう一つという感じです。

だからビルズが勝ち上がるには、とにかくミスを減らすこと。テイラーのインターセプトがでないこと。ファンブルからのターンオーバーがあると、ビルズは徹底的に負けると思います。

 ワイルドカードのゲームは1月7日、ジャクソンビル・ジャガーズとの対戦。かつては弱小と呼ばれていたチームですが、今年のジャガーズは強いです。ただし2人のプロボウル選出のCBがいいんですが、ビルズにそれほど優秀なCBはミスマッチかも。なかなか楽しみなカードになるかもしれないですね。