NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

アメリカで最強の人気を誇るNFL。人間を超越したNFLの名選手や、試合結果・移籍情報などのニュースを熱くレポートします!

【NFLオーナー列伝】グリーンベイ・パッカーズ

現オーナー 市民

f:id:kazumax78:20180330150607j:plain

f:id:kazumax78:20150728132406j:plain

日本でいう広島市民球団、広島カープのような存在が、NFLのグリーンベイ・パッカーズです。オーナーシップは市民にあります。特定のオーナーが存在しない球団、本来のフットボールチームの姿そのままが残ってる稀有な存在です。

グリーンベイの特徴は、「パッカーズ以外なにもない!」ところでしょう!それくらい市民にとってパッカーズは精神的拠り所、市民の共有財産、無くてはならぬもの、We are Packers!!となる依存する存在ですね。

 

パッカーズの特徴①シーズンチケットは買えない

f:id:kazumax78:20180330152856j:plain

え?なんで?って思うでしょ。これはシーズンチケットは市民が優先、もしくは小口株主が優先されるからです。パッカーズの場合、9万人の小口株主(つまり市民全員)が該当します。言い換えれば「ウェイティングリストが9万人」あるんですね。これを待つのは、1000年かかります。ですから、事実上パッカーズのシーズンチケットは存在しないんですね。

 

パッカーズの特徴②市民の数=スタジアムの収容人数

f:id:kazumax78:20180330153317j:plain

f:id:kazumax78:20180330153322j:plain

グリーンベイシティの人工は10万人。この内、赤子や高齢老人を除いて、スタジアムに足を運べる人員は、市民の中では7万~8万くらいでしょう。

そしてランボーフィールドの収容能力は80,750人。試合をすれば、またたく間にほぼ市民全員が集結し、敵チームを圧倒するんですね。NFL選手たちは市民に愛されるものですが、パッカーズだけはその愛が異常に熱い。スターターメンバーにでもなれば、グリーンベイでの生活コストはほぼゼロ。ファンの市民からの歓待の毎日です。

 

パッカーズの特徴③本来の「ザ・アメリカズ・チーム」

f:id:kazumax78:20180330152312j:plain

ダラス・カウボーイズがアメリカを代表するチームとして、「The Americas Team」などと表現されますが、パッカーズからすると「いやいやいや!ちょっと待て!」なんですよね。

NFLとAFLが合併する前から計算すると、通算リーグ優勝回数は通算13回もあるし、そもそもダラス・カウボーイズができる前から、フットボールやっとるっちゅーねんという話。さらにいうと、市民がオーナーやからね。これはもう言い分通ります。

だけど、やっぱり「アメリカ=カウボーイ」っていう印象も強いのでね。そっちに傾くんだよね。緑よりもシルバー(宇宙カラー)のがカッコイイ、アポロ計画を連想させるよね。

 

CEOマーク・マーフィー(2007-今)

f:id:kazumax78:20180326214719j:plain

f:id:kazumax78:20180330154909j:plain

でも、球団の代表、つまり社長は存在します。そいつがいないと誰が運営の責任とるのよということですね。CEO(チーフ・エグゼクティブ)は、かつてのセーフティだったマーク・マーフィー。いまいちな顔ですが、ビジネスはなかなかやり手のようです。

 

 

ボブ・ハーラン(1989-2007)

f:id:kazumax78:20180330154751j:plain

 

ロバート・パリンズ(1982-88)

f:id:kazumax78:20180330154914j:plain

 

ドミニク・オレジェニック(1958-81)

f:id:kazumax78:20180330154923j:plain

ロス・ボッダ(1953-57)

f:id:kazumax78:20180330154933j:plain

 

エミル・フィッシャー(1948-52)

f:id:kazumax78:20180330154935j:plain

 

リー・ジョアンヌ(1936-47)(右から二人目)

f:id:kazumax78:20180330154937j:plain

 

こちらの記事もオススメ